【2/23開催】出張語り部の会 in 藤沢防災スクール

東日本大震災から8年が経とうとしています。FMチャッピーでは地域の防災活動に意欲的に取り組んでいる藤沢地区自主防災連絡会と共同で、「震災語り部の会」を2月23日(土)に入間市立藤沢公民館で行います。当日開催されている「藤沢防災スクール」の企画の一部として、番組公開録音を行います。

日時 2月23日(土)13:30~
会場 入間市立藤沢公民館 大会議室


●13:30〜研究発表会
平成28年台風9号による藤沢地区河川氾濫の状況と今後の課題
講師:入間市役所藤沢支所 支所長 水村 登志雄さん


●14:30〜講演会&ラジオ番組公開収録
FMチャッピー 防災スペシャル
東日本大震災「出張 語り部の会」
講師:津波復興祈念資料館「閖上の記憶」館長 小齋 正義さん

東日本大震災で壊滅的な被害を受けた地域のひとつ、宮城県名取市閖上地区。宮城県の海沿いでは唯一の市街化地域であり住宅密集地でした。地震による津波で名取川は逆流。堤防を越える高さの津波は街を襲い、閖上中学校では14名の生徒が犠牲になりました。約5000人が住んでいた地域は更地になり、現在も家などは立っていません。ここに、被災の惨状を語り継ぐ慰霊と追悼の資料館「津波復興祈念資料館・閖上の記憶」があります。FMチャッピーでは、「藤沢防災スクール」プログラムの1つとして「閖上の記憶」の館長、小齋正義さんをお迎えして講演会を行います。講演会の模様は、番組公開収録を行います。

藤沢地区自主防災連絡会「藤沢防災スクール」

日時 2月23日(土)13:30~
会場 藤沢公民館 大会議室

入間市藤沢地域では、平成28年の台風9号、平成29年の台風21号で不老川が氾濫した。その被害を教訓として、藤沢地区の18の自治会と9つの団体が協力・連携して昨年7月に誕生。「藤沢防災フェスタ」「藤沢防災スクール」など、楽しみながら防災意識を高めるイベントなどを開催している。

昨年12月には「藤沢防災フェスタ」を開催。子どもからご年配の方まで多くの地域住民が参加した。

Follow me!